ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金(個人) > 固定資産税(個人) > 土地の評価額が下がったのに固定資産税額が下がらない場合があるのはなぜですか?

土地の評価額が下がったのに固定資産税額が下がらない場合があるのはなぜですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月9日更新 <外部リンク>

A.税負担の増減を調整する措置が講じられているからです。回答:税負担の増減を調整する措置が講じられているからです。

 この調整措置は、地価の急激な変化による税負担の増減を抑えるために講じられているものです。
 固定資産税は、評価額を課税標準額として、それに税率を乗じて求めることとなっています。課税標準額がそれぞれの地目ごとに定められた上限に達している場合には、評価額の下落に応じて税額も下がります。
 しかし、課税標準額が評価額よりも低く設定されている場合、課税標準額を徐々に上げていくことで税負担の調整を行うため、評価額が下がっても税額が下がりません。  

 

関連リンク