ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > 住宅火災による死者が多発しています

住宅火災による死者が多発しています

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月8日更新 <外部リンク>

消防本部からのお知らせ

今年に入りすでに8件の火災が発生しており、住宅火災により3名の方が亡くなられている状況です。

この時期は空気が乾燥し、火気の使用機会も増えることから火災が非常に発生しやすくなります。

火災を起こさないように次の点に注意してください。

火の用心「7つのポイント」

1 寝たばこは絶対にやめよう。

2 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使おう。

3 ガスコンロなどのそばを離れる時は、必ず火を消そう。

4 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しよう。

5 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使おう。

6 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を設置しよう。

7 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、近所の協力体制をつくろう。

啓発チラシ [PDFファイル/241KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)