ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緊急消防援助隊とは

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

「緊急消防援助隊」は、大規模な災害が発生し、被災した都道府県の消防力のみでは対応が困難な場合、全国の消防機関相互による応援体制として都道府県ごとに部隊を編成し、人命救助活動等を実施する消防の応援部隊です。
平成7年の阪神・淡路大震災での教訓を踏まえて創設され、平成28年4月1日現在で全国726消防本部から5301隊が登録されています。

緊急消防援助隊発隊式(平成28年熊本地震)

発隊式

緊急消防援助隊発隊式(平成28年熊本地震)

現地へ向け出動

現地へ向け出動

活動ミーティングの様子

活動ミーティングの様子

活動の様子

活動の様子活動の様子

緊急消防援助隊の解隊式

山口県緊急消防援助隊の解隊式
山口市消防本部は、平成7年12月に「山口市消防本部緊急消防援助隊」を発足し、現在では車両10台及び56名の隊員を登録しています。登録隊員は日々訓練を重ね、災害派遣の要請があれば迅速に対応できるよう万全の体制を整えています。

山口市消防本部緊急消防援助隊の派遣状況

  • 東日本大震災(平成23年3月14日から3月22日) 
    救助隊1隊、消火隊2隊、支援隊2隊の12名を派遣
  • 広島土砂災害(平成26年8月22日から8月30日) 
    救助隊1隊、後方支援隊1隊の延べ47名を派遣
    (第7次派遣まで実施)
  • 平成28年熊本地震(平成28年4月16日から4月21日) 
    救助隊1隊、消火隊2隊、救急隊1隊、後方支援隊1隊の延べ50名を派遣
    (第4次派遣まで実施)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。