ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金(個人) > 個人市民税 > 市・県民税の公的年金からの特別徴収(引き去り)について

市・県民税の公的年金からの特別徴収(引き去り)について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月1日更新 <外部リンク>

市・県民税(個人住民税)の公的年金からの特別徴収制度

65歳以上で公的年金を受給されている方のうち、年金所得に係る市・県民税が課税される方の納税方法については、平成21年10月支給分の公的年金から、原則として公的年金からの特別徴収※(引き去り)を行うようになりました。
※特別徴収とは、日本年金機構などの公的年金の支払者が市・県民税を引き去りし、直接、市に納入する方法のことです。

特別徴収(引き去り)の対象となる方

公的年金所得に係る市・県民税が課税される方で、その年度の初日(4月1日)現在、老齢基礎年金等を受給されている65歳以上の方。
なお、以下の方は特別徴収の対象になりません。

  1. 老齢基礎年金等の年金額が18万円未満の方
  2. 山口市の介護保険料が年金から特別徴収されていない方
  3. 所得税、介護保険料、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料と特別徴収される市・県民税を合計した額が、老齢基礎年金等の額を超える方 など

また、公的年金からの特別徴収の対象となった場合でも、以下の要件に該当することとなった方は公的年金からの特別徴収が中止されます(特別徴収できなかった市・県民税額は納付書や口座振替により納めていただくことになります)。

  1. 市外に転出された方や亡くなられた方
  2. 公的年金所得に係る市・県民税額に変更が生じた方
  3. 山口市の行う介護保険の特別徴収対象者でなくなった方
  4. 公的年金の支給が停止された方や年金受給権を担保に設定した方 など

特別徴収(引き去り)の対象となる年金

老齢または退職を支給事由とする公的年金が対象となります。
(介護保険料が特別徴収されている年金が対象となります。ただし、障がい年金や遺族年金など課税対象とならない年金は除きます。)

特別徴収(引き去り)の対象となる税額

厚生年金、共済年金、企業年金などを含むすべての公的年金等所得に係る市・県民税の所得割額及び均等割額を合計した額を、老齢基礎年金や老齢年金、退職年金等から特別徴収します。なお、公的年金等以外の所得に係る市・県民税は、給与からの特別徴収、または、ご本人で納付する普通徴収となります。

徴収方法(平成29年度から公的年金の特別徴収が開始される場合)

平成29年度(特別徴収を開始する初年度)の納め方(公的年金所得のみの場合)

  • 平成29年度の上半期は、6月(第1期分)と8月(第2期分)に年税額の4分の1ずつを納付書または口座振替で納めていただきます(普通徴収)。
  • 平成29年度の下半期は、10・12・翌年2月の年金支給額から年税額の6分の1ずつが引き去りされます(特別徴収)。

平成30年度以降(特別徴収となった翌年度以降)の納め方(公的年金所得のみの場合)

  • 平成30年度の上半期は、平成29年度分の年税額の6分の1ずつが、4・6・8月の年金支給額から引き去りされます(仮徴収)。
  • 平成30年度の下半期は、確定した年税額から平成30年度の上半期分(仮徴収分)を差し引いた税額の3分の1ずつが、10・12・翌年2月の年金支給額から引き去りされます(本徴収)。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)