ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金(個人) > 個人市民税 > 個人住民税の特別徴収について

個人住民税の特別徴収について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月18日更新 <外部リンク>

 山口市では、山口県及び県内全市町と連携して、給与所得者に係る個人住民税の特別徴収実施促進に取り組んでいます。平成27年度以降は、特別徴収をまだ実施していない事業者について、順次、特別徴収義務者としての指定を開始し、平成31年度までに特別徴収の実施が徹底されるよう、進めていくこととしています。

個人住民税の特別徴収とは

 個人住民税の特別徴収とは、事業主(給与支払者)が所得税の源泉徴収と同じように、毎月従業員に支払う給与から個人住民税(個人市民税と個人県民税)を天引きし、従業員(納税義務者)に代わって、市へ納入していただく制度です。
 この制度は、地方税法第321条の4及び山口市税条例第45条の規定により、原則として所得税の源泉徴収を行うすべての事業主に実施が義務付けられています。

関連書類 ※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)