ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 平成30年度に百歳を迎えられる方へ祝状と祝金を贈呈しました

市政情報を掲載しています。


平成30年度に百歳を迎えられる方へ祝状と祝金を贈呈しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月1日更新 <外部リンク>

敬老の日にあたり、平成30年9月26日(水曜日)、今年度に100歳を迎えられる鋳銭司地域在住の岡本タツコさんをお祝いするため、市長が御自宅へお伺いして祝状と祝金をお渡ししました。

贈呈にあたり、市長は、「社会の発展に尽くしてこられ、このたび100歳を迎えられることを心からお喜び申し上げる。いつまでも御壮健で過ごされるようお祈りする」と、お祝いの言葉を述べました。

受け取られた岡本タツコさんは、「私のためにお越しいただき感謝に堪えない。これを機会にみんなに感謝をして、ますます元気に人生を楽しみたい」と述べられました。

岡本さんの元気の秘訣は、玄関に「感謝」と書かれた達筆な習字が飾られているとおり、毎日を感謝しながら生活をして、そして、自分ができるだけの畑仕事をして、好き嫌いなく新鮮な野菜等を食べ、健康に良いと言われるブドウ酒をお猪口1杯飲むことだそうです。

平成30年9月1日現在、平成30年度に本市で新たに100歳を迎えられる方は、78人で、100歳以上の方は196人おられます。

今後とも、市では、高齢者の方々がいつまでも元気に歳を重ねていただけるよう、高齢者の方の交流の場や、地域で支え合う仕組みの充実に取り組んでまいります。

祝状を手に市長と記念撮影をする岡本タツコさん(中央)と息子さんの岡本敏さん(左)
祝状を手に市長と記念撮影をする岡本タツコさん(中央)と息子さんの岡本敏さん(左)

祝状を手渡す市長と岡本タツコさん(左)
祝状を手渡す市長と岡本タツコさん(左)

岡本タツコさん(左)の手をとって「今後とも元気で過ごしてください」と声をかける市長
岡本タツコさん(左)の手をとって「今後とも元気で過ごしてください」と声をかける市長

 

この記事に関するお問い合わせ先

高齢福祉課 Tel083-934-2793

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。