ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 山口市・福島市災害支援合同チームの出発式を行いました

市政情報を掲載しています。


山口市・福島市災害支援合同チームの出発式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新 <外部リンク>

平成30年7月豪雨災害に係る被災地支援として、光市への職員派遣を本市と福島市と合同で行うこととなり、平成30年7月31日、山口総合支所で出発式を行いました。

災害支援として派遣するのは、山口市から2人、福島市から2人です。8月1日から光市経済部農林水産課で、本市職員は3カ月間、福島市職員は1カ月間、災害復旧業務にあたります。
この災害支援は、光市からの要請を受けて、本市からは技術職員2人の派遣を決定しました。また福島市には、東日本大震災の復旧復興支援として本市から職員を派遣してきたことや、今年度からは人事交流として職員の相互派遣を行っている経緯があり、「被災地の力になりたい」という福島市からの申し出を受けて、本市と福島市の合同派遣が実現しました。
福島市下水道室建設課の齋藤秀一さんは「大震災の時に山口市から手伝っていただいた。何らかの形で力になりたいという思いで志願した」、また、秋山直之さんは「被害をテレビで見た。東日本大震災の時に多くの方から支援いただいたので全力で手伝いたい」と決意を語られました。
 

報告式の様子
光市に向けて出発することを副市長(右)に報告する4人(左から本市の笹川雄己、服部譲、福島市の齋藤秀一さん、秋山直之さん)

この内容に関するお問い合わせ先

職員課Tel083-934-2727

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。