ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 市長公用車に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートがつけられました

市政情報を掲載しています。


市長公用車に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートがつけられました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月6日更新 <外部リンク>

平成29年10月10日、山口県で1番目の交付となる「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」が山口市長の公用車につけられました。

このナンバープレートは、国土交通省が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて機運を高めようと交付が始まったもので、プレートには、右上にエンブレムがあるデザインのほか、エンブレムと図柄入りのプレートがあります。

交付開始となる記念すべき日に、交付セレモニーが行われたのは全国でも本市のみで、ナンバープレートの交付を所管している国土交通省中国運輸局山口運輸支局藤原支局長は「未来の社会への希望を集約する光が表現されたデザインとなっている。県下で約105万台もの車がある山口県においてナンバープレートを通じて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を身近に感じていただき、我々も応援団の一員として盛り上げたい」と話されました。
市長は「本市はスペイン水泳代表チームの事前キャンプ地に決定しており、今年の11月から選手がトレーニングキャンプをされる。交付開始日に交付していただけることは非常に光栄である。多くの方々が番号やデザイン等を見て、身近に感じていただきたい」と述べました。

ナンバープレートの交付は、平成32年11月30日までを予定されており、ウェブサイト、山口県自動車振興センター窓口、ディーラーや整備工場からでも申し込みできます。エンブレムと図柄入りのプレートは、プレート代金に加えて、1000円以上寄附された方に交付しており、寄附金は大会開催に必要な公共交通のバリアフリー化等のために使われる予定です。

山口県自動車振興センターの森橋理事長から特別仕様ナンバープレートを受け取る市長
山口県自動車振興センターの森橋理事長から特別仕様ナンバープレートを受け取る市長

 

特別仕様ナンバープレートを取り付ける市長
特別仕様ナンバープレートをつける市長

関連リンク

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000072.html<外部リンク>

この記事に関する問い合わせ先

スポーツ交流課 Tel083-934-2874

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。