ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 大野将平選手のリオ五輪金メダルを祝う懸垂幕を設置しました

市政情報を掲載しています。


大野将平選手のリオ五輪金メダルを祝う懸垂幕を設置しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

本市出身の大野将平選手がリオ五輪柔道73kg級で金メダルに輝いたことを受け、平成28年8月9日、山口総合支所で金メダルを祝う懸垂幕を設置しました。  


オリンピック初出場の大野選手は、準々決勝の優勢勝ち以外はすべて一本勝ちし、7kg級では日本に初めてとなる金メダルをもたらしました。
偶然帰郷していて、懸垂幕の設置を見守っていた女性は「実家が吉敷にある。地元にあんな素晴らしい選手がいたなんて本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべていました。
大野選手の金メダル獲得を受け市長は「日本の柔道の素晴らしさ、強さ、美しさを十分に感じることのできる、素晴らしい戦いぶりに感動した。今後も、多くの皆さんに柔道の素晴らしさ、オリンピックの素晴らしさを伝えてください」とお祝いのメッセージを述べました。

懸垂幕設置の様子

ご案内

問い合わせ先スポーツ交流課
電話番号 083-934-2874

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。