ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 安原家所蔵の中原中也関係資料が市へ寄贈されました

市政情報を掲載しています。


安原家所蔵の中原中也関係資料が市へ寄贈されました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

平成27年11月4日、本市出身の詩人中原中也と親交のあった故安原喜弘氏が所蔵されていた中原中也の書簡、遺稿、遺品127点を、ご遺族の安原喜秀氏(東京都町田市在住)から本市へ寄贈いただきました。  

故安原喜弘氏は、成城高校の学生だった当時に大岡昇平の紹介で中也と出会い、親交を深める中で、中也の第一詩集『山羊の歌』の発刊に尽力された人物です。
寄贈にあたりご遺族の安原喜秀氏は、「父と母が長年守ってきた実物の資料をもっと多くの方に見ていただきたい」と述べられ、市長は「中也を語る上で、無くてはならない貴重な資料を寄贈いただき、感謝申し上げる。故安原喜弘氏とともに中原中也記念館でしっかりと後世へ伝えていきたい」と述べました。
市では今後も、中原中也の詩の世界をはじめ、さまざまな文学に親しめるまちづくりを推進していきます。


安原喜秀氏(左)から目録を受け取る市長
安原喜秀氏(左)から目録を受け取る市長

この内容に関する問い合わせ先 

文化政策課 Tel083-934-2717

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。