ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 山口情報芸術センターの入館者が1000万人に到達しました

市政情報を掲載しています。


山口情報芸術センターの入館者が1000万人に到達しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月21日更新 <外部リンク>

平成29年2月17日、山口情報芸術センター[YCAM](わいかむ)の入館者数が、開館から13年3カ月で1000万人に到達しました。1000万人目の入館者は、山口市黄金町にお住まいの高部光正さん(82歳)で、記念品として、花束と本市の萩焼作家大和保男さんの萩焼を贈呈しました。高部さんは、山口情報芸術センターの開館当初から定期的に足を運ばれており、この日も本を読むため、奥様の文恵さん(80歳)と一緒に来館されました。節目の入館者となり、驚かれた様子でしたが「天にも登るような思い。ありがとうございます」と喜びを語られました。

同日行われた記念セレモニーで、市長は「地域に根ざしたアートセンターとしての初心を忘れることなく、山口の地から、常に新しい価値を創造し、世界へ向けて発信を続け、また、次の時代を担う人材の育成にもしっかりと取り組んでいきたい」と述べました。

これからも入館者の皆さんの知的好奇心を刺激する場として、また、集い、憩い、楽しむ場を提供していきます。

入館者1000万人目となった高部さんご夫妻の写真
1000万人目の入館者となった高部光正さん(左)と奥様の文恵さん(右)

市長らとの集合写真
記念セレモニーの様子

この内容に関する問い合わせ先

文化交流課  Tel083-934-2717

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。