ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 地域づくり > 市政トピックス > 阿東地域に地域おこし協力隊が着任しました

市政情報を掲載しています。


阿東地域に地域おこし協力隊が着任しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月16日更新 <外部リンク>

平成29年1月13日、阿東地域の活性化を図るため、山口市地域おこし協力隊を新たに委嘱しました。

新たに着任されたのは、京都府出身の竹内知明さん(28歳)です。幼い頃から動物に関わる仕事がしたかったという竹内さんは、昨年10月、本市の「おためし農業体験」を活用し、あとう和牛の肥育実習をされました。お試し農業体験では、畜産業の難しさややりがいを感じることができた反面、高齢化や過疎化という実情を目の当たりにしたと言います。あとう和牛を後押ししたいという思いと、美しい自然のある阿東地域で、畜産業に専念したいという思いから、山口市の地域おこし協力隊を志願されたそうです。「あとう和牛はすばらしいお肉。あとう和牛のブランド力を作るため、YouTubeを利用して、阿東地域全体の魅力も発信していきたい」と今後の意気込みを述べられました。

山口市では、今後も、総務省が支援する制度を活用して、地域ブランドや地場産業の開発・販売・発信等の地域おこし協力活動を行う都市圏在住者を「地域おこし協力隊」として委嘱し、協力隊の定住・定着を図る取り組みを行ってまいります。

委嘱状の交付を受ける竹内さん委嘱状の交付を受ける竹内さん(右)

竹内さんが意気込みをのべる様子意気込みを述べられました
 

この内容に関する問い合わせ先

阿東農林振興事務所 083-956-0984

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。