ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 鳥取県での地震にかかる職員(被災宅地危険度判定士)派遣がありました

市政情報を掲載しています。


鳥取県での地震にかかる職員(被災宅地危険度判定士)派遣がありました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年11月2日更新 <外部リンク>

鳥取県中部を震源とする地震で甚大な被害が生じている被災地(倉吉市)の支援のため、県からの要請により、本市から被災宅地応急危険度判定職員を1人派遣しました。

平成28年10月24日に行われた出発式で市長は、「生活に密着した非常に重要な業務。今までの知識や経験を発揮してがんばってほしい」と被災地で作業する職員を激励しました。これを受け、派遣に立候補した職員は「被災地のために調査に尽力したいと思う」と抱負を述べました。
今回の派遣では、10月26日(水曜日)から10月28日(金曜日)の3日間、県の職員2人とともに3人で被災宅地危険度判定業務にあたりました。
市では、被災された方々が1日も早く普段の生活に戻れるよう、今後とも、支援をしてまいります。

出発式の様子

この内容に関する問い合わせ先

職員課 083-934-2727

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。