ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 山口市シニア生活応援サイト > 10月1日から介護予防・日常生活支援総合事業がはじまりました

10月1日から介護予防・日常生活支援総合事業がはじまりました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月6日更新 <外部リンク>


※関連書類に「介護予防・日常生活支援総合事業のごあない」のチラシ(PDFファイル)を掲載しました。
平成28年10月から、市が実施する介護予防のための事業「介護予防・日常生活支援総合事業」がはじまりました。

介護保険の要介護状態区分で、要介護度が比較的軽い要支援1・2の方々は、掃除や買い物等の生活行為の一部は難しいものの、食事や排泄など、身の回りの生活行為は比較的自立しておられます。また、高齢者の多くは、要介護認定を受けておられず、地域のつながりの中で、社会参加や役割を持つことで、介護予防にもつながっています。

このような中、平成27年4月に介護保険法が改正され、本市では10月1日から「介護予防・日常生活支援総合事業」を開始しました。この事業では、要支援認定を受けた方の介護予防サービスのうち、訪問介護と通所介護を全国一律の基準から、本市の基準によるサービス提供の仕組みに変更します。また、元気な高齢者の方々にも介護予防サービスを提供するとともに、地域を支えるボランティア活動等にも取組んで頂くことで、高齢者1人ひとりにあった介護予防を進めていきます。

介護予防・日常生活支援総合事業とは


要支援1・2と認定された方や、「基本チェックリスト」等により、生活機能の低下がみられた方が利用できる「介護予防・生活支援サービス」と65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」があります。

住み慣れた地域で、元気でいきいきと暮らし続けるために、「介護予防・日常生活支援総合事業」を活用して、積極的に介護予防に取り組みましょう。

関連書類※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)