ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国保の取得・喪失手続きはお早めに

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月14日更新 <外部リンク>

届け出が遅れると、次のようなトラブルがおこることがあります。

国保に加入する届け出が遅れると…

  • 保険証がないので、医療機関の窓口で医療費を全額自己負担していただきます。
  • 資格ができた月までさかのぼって、保険料を納付(遡及賦課/そきゅうふか)していただきます。

※加入の手続きについては関連リンク【国保加入の手続き】を御覧ください。

国保を脱退する届け出が遅れると…

  • 資格がなくなったあとで国保の保険証を使って診療をうけた場合、国保で負担した医療費を返してもらうことになります。
  • 新たに加入した会社の健康保険などと、国保の両方に保険料がかかってしまうことがあります。

※喪失の手続きについては関連リンク【国保喪失の手続き】を御覧ください。

手続き窓口

保険年金課、各総合支所総合サービス課、各地域交流センター(次は除く。大殿、白石、湯田、小郡、秋穂、阿知須、徳地、阿東)および徳地・阿東各分館、大海総合センター

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。