ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 山口市シニア生活応援サイト > 高額医療・高額介護合算療養費支給対象のお知らせ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフイベント > 福祉・介護 > 山口市シニア生活応援サイト > 高額医療・高額介護合算療養費支給対象のお知らせ

高額医療・高額介護合算療養費支給対象のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月15日更新 <外部リンク>
所得区分

後期高齢者医療制度+介護保険

医療保険+介護保険(70~74歳の方)(注1)

〔参考〕70歳未満(注1)

高額医療・高額介護合算療養費制度とは


 医療保険(国民健康保険、後期高齢者医療制度または被用者保険)と介護保険の両方のサービスを利用している世帯(※1)で、1年間(平成28年8月1日から平成29年7月31日まで)に支払った両方の自己負担額(※2)を合算した額が、下記の表の所得区分に応じた自己負担限度額を超えた場合、申請により、その超えた金額(※3)を支給する制度です。
 ※1 住民基本台帳上の同一世帯でも、異なる医療保険に加入している方とは合算されません。
 ※2 高額療養費、高額介護(予防)サービス費等を差し引いた後の額であり、医療保険または介護保険の給付対象外のものなどは対象になりません。
 ※3 500円以下の場合は支給対象外となります。

▼自己負担限度額は、下記の【表】をご参照ください。

申請手続き


 基準日(平成29年7月31日)時点で、下記の1及び2に加入の方で支給額が発生する場合にはお知らせを発送します。同封の申請書に必要事項を記入の上、提出してください。
 1 市国民健康保険・・・平成30年3月頃発送予定
 2 後期高齢者医療制度・・・平成30年1月頃発送予定
 3 上記以外の保険・・・基準日時点で加入されていた各保険者にお問い合わせください。


※次に該当する方には、お知らせできない場合がありますので、下記までお問い合わせください。
 平成28年8月1日から平成29年7月31日までの間に
 ・他の市町村から転入された方
 ・他の医療保険制度から市国民健康保険または後期高齢者医療制度に移られた方
  (市国民健康保険から後期高齢者医療制度に移られた方も含む)

お問い合わせ


▽市国民健康保険について・・・保険年金課(電話083-934-2802)
▽後期高齢者医療制度について・・・山口県後期高齢者医療広域連合事務局(電話083-921-7113)
                       保険年金課(電話083-934-2803)
▽介護保険について・・・介護保険課(電話083-934-2795)
※被用者保険の方は、各保険者にお問い合わせください。

 

【表】 医療保険・介護保険を合算した自己負担限度額

 

年収約 1,160万円~

67万円67万円212万円

年収約770~約1,160万円

141万円

年収約370~約770万円

67万円

~年収約370万円

(課税所得145万円未満)

56万円56万円60万円

住民税非課税世帯の方(区分2)

31万円

31万円34万円

住民税非課税世帯の方(区分1)

19万円 (注2)

19万円 (注2)

 (注1) 対象世帯に70~74歳と70歳未満が混在する場合、まず70~74歳の自己負担合算額に限度額を適用した後、残る負担額と70歳未満の自己負担合算額を合わせた額に限度額を適用する。

 (注2) 介護サービス利用者が世帯内に複数いる場合は31万円。

 

関連リンク

山口県後期高齢者医療広域連合<外部リンク>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。