ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健診・予防接種 > 山口市子育て応援サイト > 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、定期予防接種が受けられなかった方へ
1.妊娠おめでとうございます
6.認定こども園
9.ひとり親家庭への支援
10.どうしよう急な病気やけが
資料.幼稚園、保育園、認定こども園等の認定区分

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、定期予防接種が受けられなかった方へ

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

平成25年1月30日の予防接種法施行令の改正により、定期予防接種の対象であった期間において、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、やむを得ず定期予防接種の機会を逃した方への特例措置が設けられました。

特例の対象者

特別な事情により、やむを得ず定期の予防接種の機会を逃した方

特別な事情

  1. 次の疾病にかかったことのある者
      イ 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
      ロ 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
      ハ イまたはロの疾病に準ずると認められるもの
  2. 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた者
  3. .医学的知見に基づき、1または2に準ずると認められるもの

※該当する疾病の例は、下記関連書類をご覧ください。

特例措置が適用される要件

接種対象年齢期間において、上記の特別な事情による予防接種不適当原因が生じ、接種期間が十分に確保できず、やむを得ないと認められる場合であって、予防接種不適当原因が解消された後、2年(上限年齢があります)以内に接種した場合は、定期の予防接種として取扱う。

なお、平成25年11月1日から小児用肺炎球菌が7価から13価に切り替わることにより、上限年齢が変更されました。 

疾病別上限年齢一覧

疾病
(またはワクチン名)
定期の予防接種の対象者上限年齢
ジフテリア1期:生後3月から生後90月未満
2期:11歳以上13歳未満
快復時より2年間
※ただし、四種混合ワクチンを使用する場合は、15歳未満
破傷風1期:生後3月から生後90月未満
2期:11歳以上13歳未満
快復時より2年間
※ただし、四種混合ワクチンを使用する場合は、15歳未満
百日せき生後3月から生後90月未満快復時より2年間
※ただし、四種混合ワクチンを使用する場合は、15歳未満
ポリオ(急性灰白髄炎)生後3月から生後90月未満快復時より2年間
※ただし、四種混合ワクチンを使用する場合は、15歳未満
日本脳炎1期:生後6月から生後90月未満
2期:9歳以上13歳未満
快復時より2年間
麻しん(はしか)1期:生後12月から生後24月未満
2期:6歳の年度
快復時より2年間
風しん1期:生後12月から生後24月未満
2期:6歳の年度
快復時より2年間
BCG(結核)生後12月未満(平成25年4月1日~)快復時より2年間
※ただし、4歳未満
子宮頸がん予防ワクチン小6~高1相当の女子(平成25年4月1日~)快復時より2年間
ヒブワクチン生後2月から生後60月未満(平成25年4月1日~)快復時より2年間
※ただし、10歳未満
小児用肺炎球菌ワクチン生後2月から生後60月未満(平成25年4月1日~)快復時より2年間
※ただし、6歳未満
水痘生後12月から生後36月未満快復時より2年間
B型肝炎生後12月未満上限なし
高齢者の肺炎球菌感染症・65歳の者
・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイスルによる免疫の機能に障がいを有する者
快復時より1年間

関連書類 ※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


前のページに戻る
このページのトップへ