ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者会見 > 平成30年3月定例記者会見を開催しました

平成30年3月定例記者会見を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月6日更新 <外部リンク>

平成30年3月定例記者会見を開催しました

クールチョイス宣言をする市長 ごみ分別アプリを紹介する市長

 

日時

平成30年3月23日(金曜日) 10時30分から11時15分

会場

山口総合支所 市政記者室

発表内容

山口県央連携都市圏域の愛称決定について

このたび、本市と宇部市、萩市、防府市、美祢市、山陽小野田市、島根県津和野町の7市町による山口県央連携都市圏域におきましては、多くの皆様に親しまれ、圏域の事業推進に資するような愛称を募集いたしまして、全国28都道府県、188名の方から、328点もの御応募をいただいたところでございます。どの作品にも、この圏域に対する皆様の思いや期待が込められていまして、素晴らしい作品ばかりでございました。御応募いただいた皆様には厚く御礼を申し上げます。

この度、決定いたしました山口県央連携都市圏域の愛称は、「山口ゆめ回廊」でございます。

この「山口ゆめ回廊」という愛称は、響きがよく、覚えやすいことから、圏域内外の多くの皆様に親しんでいただけるのではないかと期待いたしております。また、圏域の発展性や夢のある明るい将来をイメージさせますし、さらに、「回廊」という言葉が圏域のつながりを連想させ、7市町の連携・協力のもと、夢のある将来につながる魅力あふれる圏域づくりを展開してまいりたいという私たちの思いにふさわしい愛称になったのではないかと考えております。

今後は、本圏域の平成30年度の取組、たとえば、今年秋に開催される「山口ゆめ花博」にあわせて実施いたします新山口駅や山口宇部空港での圏域の観光PRをはじめ、新たな広域観光周遊ルートの販売、圏域内の道の駅で実施を予定しておりますスタンプラリーなどに、この愛称を活用いたしまして、圏域の魅力を広くPRしてまいりたいと考えております。
 

明治維新150年記念 山口市交流人口創出・地場産業振興事業支援補助金の対象事業の決定について

平成30年2月20日(火曜日)から3月9日(金曜日)まで公募いたしました、「明治維新150年記念 交流人口創出・地場産業振興事業支援補助金」の対象事業の決定について申し上げます。
この補助金は、人口減少時代にあっても地域経済の活力を維持することを目的に創設いたしまして、本年の明治維新 150年を契機とした交流人口の拡大と地場産業の振興に資する事業の誘致または実施に対して補助金を交付するものでございます。

審査の結果、申請のありました2事業を補助対象事業として決定いたしました。
まず、一つ目は、山口朝日放送から申請のございました、yab開局25周年と明治維新150年を記念した、「山口オクトーバーフェスト2018」、いわゆるドイツビールの お祭りでございます。

二つ目は、湯田地区商工振興会、湯田温泉旅館協同組合、湯田温泉料飲社交組合の3団体の連名により申請のございました文豪ストレイドッグス×やまぐち湯田温泉 コラボイベントでございます。(※)

<(※)平成30年4月6日(金曜日) 、申請者からの辞退届を受け、補助金対象事業の決定を取消しました。>

申請された事業の具体的な取組は、これから関係者と調整をされますが、本年度の実績を踏まえ、これまで行政が実施してきた事業を民間や地域が主体となって発展的に新たな取組を展開されようとしていることは大変喜ばしいことであり、この点を評価いたしたところでございます。

こうした市内外から交流人口を創出する取組は、本市への賑わいの創出や地域経済の活性化につながると同時に、本市の個性と魅力の向上に資するものであると考えております。
 

山口市「COOL(クール) CHOICE(チョイス)宣言」について

本市におきまして、世界や国の動向を踏まえまして、現在、本市の地球温暖化対策の推進に係る新たな指針となります「山口市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定中でございまして、パブリック・コメントを経て、 この3月末に公表する予定といたしております。

この実行計画におきましては、節電等の省エネの取組や 二酸化炭素(CO2)等を排出しない移動手段の選択、再生可能エネルギーの導入推進、環境学習等の推進など、市域の特性に応じた多様な取組を、市民、事業者、関係団体の皆様と市が一体となって進めてまいることといたしております。

本日は、新たな実行計画の策定を契機といたしまして、 市が率先して地球温暖化対策に取り組む姿勢を示すとともに、本市における、さらなる取組の促進、機運の醸成を図るため、山口市として、国が推進する国民運動 「COOL CHOICE(賢い選択)」への賛同を宣言するものでございます。
 

山口市ごみ分別アプリの配信開始について

ごみ減量化・資源化の新たな取り組みといたしまして、平成30年4月1日から、ごみ分別に関するスマートフォン用アプリの配信を開始いたします。

主な機能といたしましては、地区ごとのごみ排出日を記載したカレンダーやごみ分別の方法を検索することができる分別帳、またごみの排出日をお知らせする通知機能などがございまして、市民の皆様が24時間、どこからでもごみの分別に関する情報を取得することが出来るものとなっております。

このアプリにつきましては、各ご家庭にお配りする平成 30年度の「山口市ごみ資源収集カレンダー」に配信開始のお知らせと、ダウンロード用のQR(キューアール)コードを記載しております。

多くの市民の皆様に、便利なアプリケーションをご活用頂き、適正なごみ分別について、更なるご理解とご協力を頂ければと考えております。
 

発表資料

山口県央連携都市圏域の愛称決定について [PDFファイル/111KB]

明治維新150年記念 山口市交流人口創出・地場産業振興事業支援補助金の対象事業の決定について<平成30年4月6日(金)一部修正> [PDFファイル/74KB]

山口市「COOL(クール) CHOICE(チョイス)宣言」について [PDFファイル/1.31MB]

山口市ごみ分別アプリの配信開始について [PDFファイル/268KB]
 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)