ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者会見 > 平成29年12月定例記者会見を開催しました

平成29年12月定例記者会見を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月10日更新 <外部リンク>

平成29年12月定例記者会見を開催しました

会見をする市長

 

日時

平成29年12月21日(木曜日) 11時から12時

会場

山口総合支所 市政記者室

発表内容

新山口駅北口駅前広場等の全面供用について

本市では、山口市及び山口県の陸の玄関にふさわしい駅空間を目指すとともに、交通結節アクセス機能の強化と快適な都市空間の形成を目的に新山口駅ターミナルパーク整備事業を行っており、その一環として現在、新山口駅北口駅前広場の整備を進めております。

平成27年10月に南北自由通路及び橋上駅舎を供用し、昨年12月には、新山口駅北口駅前広場の西側ロータリー内の一般車乗降場(じょうこうじょう)及び駐車場、タクシー乗降場(じょうこうじょう)が完成し供用を始めております。また、本年10月には西日本旅客鉄道株式会社に工事委託しておりました既存自由通路南北駅広線の改修が完了いたしました。
現在、北口駅前広場の中央部では、観光交流センターやバス待合所、カフェ、東側ロータリーではバスシェルターなどの施設整備が順調に進捗しており、平成30年3月22日には北口駅前広場が全面供用することとなります。
東側バスロータリーを発着するバス路線については、4月1日から全路線一斉に北口駅前広場のみを乗降場とする運行に切り替わります。

今回、北口駅前広場の全面供用により、交通結節点としての機能強化、利便性の向上が図られるとともに、情報発信機能を備えた観光交流センター、サテライトスタジオ、カフェと一体的に供用することにより、魅力あふれる駅空間へと生まれ変わります。
 

新山口駅南口駐輪場の整備について

新山口駅南口の駐輪場は、これまで新山口駅東側の跨線橋下に約120台の駐輪場を設けておりますが、ほぼ一杯の状況であり、新たな駐輪場の整備は喫緊の課題でございました。

このたび、西日本旅客鉄道株式会社の御協力もいただき、新山口駅西側の新幹線高架下の一部を無償で借り受け、新たに80台の自転車が駐輪可能な駐輪場の整備を行なっており、来年1月15日から供用を開始する予定といたしております。
具体的な整備内容といたしましては、雨が降っても自転車が濡れない屋根付きの構造で、無料で利用できます。
 

山口市「かけこみ119番の家」の取組について

本市におきましては、昨年度から、市民の皆様や観光で本市を訪れた皆様が助けを必要とした際に、地域の 事業所が「119番通報」、「応急手当」、「初期消火」などの対応の支援を行う「かけこみ119番の家」の設置を進めております。

このたび、市内各地域の拠点施設でございます、すべての 総合支所、地域交流センター、及び分館の、35施設におきまして、この「かけこみ119番の家」の取組を開始いたしましたので御報告いたします。

この35施設におきましては、従来よりすべての施設に 「AED」を設置しており市民の皆様に対する救護体制は 整えていたところでございますが、地域の拠点施設としての機能を更に高めてまいりますため、このたび各施設配属の市職員134名が救急講習などを受講するとともに、12月6日から各施設に目印となる「のぼり旗」を掲げ、あらためて「かけこみ119番の家」として取組を開始いたしたところでございます。
 

クリエイティブ・スペース赤れんが JIA25年建築選登録決定について

この度、本市の文化施設でございます、「クリエイティブ・スペース赤れんが」が、公益社団法人JIA(ジェイアイエイ)(日本建築家協会)によります「JIA25年建築選」に、12月1日付けで、登録が決定いたしましたことをお知らせいたします。

「JIA25年建築選」とは、1997年に創設され、毎年度、優れた建築作品を登録されているものでございまして、「25年以上の長きにわたり、建築の存在価値を発揮し、美しく維持され、地域社会に貢献してきた建築」を登録・顕彰することを目的とされているものでございます。

今回、クリエイティブ・スペース赤れんがの登録決定におきましては、建築にこめられた建築家の思想が現在も尊重されていること、また、人々の記憶に寄与し、地域社会や周辺環境への貢献が大きいことなどが高く評価されたものと伺っております。
 

山口県央連携都市圏域の愛称募集について

本年3月に、本市と宇部市、萩市、防府市、美祢市、山陽小野田市、島根県津和野町の7市町で形成いたしました山口県央連携都市圏域では、7市町の連携・協力のもと、交流人口の増加や新規雇用の創出を図り、定住促進につなげる様々な事業に取り組んでおります。

本圏域を少し御紹介いたしますと、日本最大級の秋吉台カルスト台地、国宝瑠璃光寺五重塔や萩の明治日本の産業革命遺産、津和野の日本遺産など全国的に知名度の高い歴史文化遺産、アートやスポーツを活用した新たな観光資源、産業観光資源など、圏域には豊かな自然や魅力的な地域資源がたくさんございます。

また、山口宇部空港、JR新山口駅、中国自動車道や山陽自動車道など、広域交通ネットワークも充実しており、この圏域にお越しいただくにも、住むにも便利なところでございます。

そこで、このたび、全国の多くの皆様に、この圏域のことを知っていただきたいと考えまして、圏域の愛称を全国から募集することといたしました。この圏域の魅力を全国にPRでき、多くの方に親しまれ、圏域に一体感が生まれるような愛称を多くの皆様から御応募がありますことを期待しております。
 

発表資料

新山口駅北口駅前広場等の全面供用について [PDFファイル/90KB]

新山口駅南口駐輪場の整備について [PDFファイル/94KB]

山口市「かけこみ119番の家」の取組について [PDFファイル/76KB]

クリエイティブ・スペース赤れんが JIA25年建築選登録決定について [PDFファイル/83KB]

山口県央連携都市圏域の愛称募集について [PDFファイル/153KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)