ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 椹野川河口干潟の再生プロジェクトサイト > 椹野川河口干潟の生き物たち(その他)
関係施設・団体紹介

椹野川河口干潟の生き物たち(その他)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月26日更新 <外部リンク>

 椹野川河口干潟やその周辺にに生息するの生き物たちを紹介します。(データ及び写真提供:椹野川河口・干潟自然再生協議会、山口県環境保健センター、山口県立きらら浜自然観察公園)

 現在までに、関係各機関の調査により、212種類の生物が確認されており、そのうち45種が環境省、他府県のレッドデータブックに掲載されており、山口湾では、豊かな生物多様性が保全されています。

 


ミドリシャミセンガイミドリシャミセンガイ

 長さ3cm程度で、扁平形の殻、細長い足を持つ。腕足動物であり、貝類ではない。絶滅が心配されている地域もあり、カブトガニと同様に貴重な生き物である。干潟の砂の中に生息しているため、簡単には見つからない。山口湾には、同じ腕足類のウスバシャミセンガイが生息している。

 


アメフラシアメフラシ

 大きなナメクジのように見えますが、貝の仲間。貝殻は小さく体内に埋もれています。大きさは15センチ程度。雌雄同体でラーメンの麺のような卵を産みます。名前の由来は、触ると背中から紫色の液を出し、これが海中で雨雲のように広がるからと言われている。

 ウミウシも同じ仲間であり、分類が難しいですが、ウミウシは派手でアメフラシは地味。ウミウシは数センチと小さく、アメフラシは15センチ程度。ウミウシの食性は動物性でアメフラシの食性は植物性。

 


ヒラムシヒラムシ

 その見た目や名前のとおり、平たく薄っぺら。体長は1cm程度。体表には粘性がある。

 


フナムシフナムシ

 全国に広く分布する海岸の代表種。長い触角を持ち、体は平たく、7対の脚がある。動きがとても早く、捕まえることは困難。海岸に生息するが、遠距離を泳ぐことはできず、長時間水の中にいると溺れてしまう。

 


ミズクラゲミズクラゲ

 成体で傘の直径が15~30cm、よく見られるクラゲ。

 


チロリ属チロリ属

 体長10cm程度。顎についたするどい牙で砂の中の小動物を食べる。噛まれるとチクリと痛い。

 


タマシギゴカイタマシギゴカイ

 体長10cm程度。本体は砂に潜り、お尻を出しモンブランケーキに似たフンを出す。

 


カブトガニの卵カブトガニの卵

 カブトガニは、6月中旬から8月頃の潮が高い時期に、深さ15cmくらいの砂の中に産卵する。卵の中で胚は4回脱皮し、夏であれば50日くらいでふ化する。ふ化した1齢幼生は、潮が高くなってきたときに砂中から泳ぎ出て、干潟に分散していく。

 


アマモアマモ

 海中に生える多年生の種子植物。葉の長さは20~100cmになる。生育には水質や砂泥質の底質が清浄であること、海岸線がかく乱されていないこと等が必要であり、海の指標生物にもされる。藻場は、生き物の棲みか、産卵場所となるため、「海のゆりかご」と言われる。

 


オゴノリオゴノリ

 ひも状で、長さ20~30cmの紅藻の一種。食用として、刺身のツマや寒天の原料などにされる。食中毒の原因食品になることがあり、海岸で採取したものの生食は危険。

 


カイガラアマノリカイガラアマノリ

 アラニンというアミノ酸が通常のノリの2倍以上含まれており、非常に甘みが強い。

 


アオサアオサ

 潮の満ち引きのある浅い海で生息、繁茂するため、干潟に設置している被覆網にも大量に付着して繁殖している。

 


ハマゴウハマゴウ

 砂浜などに生息する海浜植物。高さ30~70cmで、夏に芳香のある青紫色のきれいな花を咲かせる。ユーカリの葉に似た芳香があり、昔は香として利用され、「浜香」と呼ばれていた。果実は「マンケイシ」と呼ばれる生薬になる。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。